Archive / 2012

2019-09-19から1日間の記事一覧

「愚かさの弁護」について――エラスムスの『痴愚神礼賛』を読む

日記。特に結論は無い。 蓮實重彦という、フローベルを研究するフランス文学者が書いているところによると、「凡庸」の対義語は「才能」や「天才」なのではなく「愚鈍」である、ということらしい。このようにして蓮實重彦の名を借りて「愚鈍」について語るこ…